オンラインですべて完結(インターネットでギフト購入、仕事探し、情報検索)

21世紀へようこそ。あなたがお探しのものは何でも仮想空間で手に入る時代です。お探しの情報の多くは理想的なことにインターネットで見つけられます。検索エンジンでほぼ何でも検索できると確かにより便利ですね。ギフトを見つけるにせよ、オンラインの単発仕事や求人を見つけるにせよ、インターネットはとにかく答えを見つける助けとなります。お探しのものに合わせて利用可能な多くの検索エンジンを活用しましょう。

検索エンジンの利用

詳細をお伝えする前に、まずは検索エンジンの定義を確認しましょう。検索エンジンとは、ウェブボットを利用して何百万もの閲覧可能なウェブページを検索するウェブサービスです。ボットが各ページ上でインデックスをさらに生成することで、検索を早く効果的なものにします。検索エンジンの中でも代表的なものが、Google、Bing、Yahoo、Ask.comです。インターネットで異なる種類の情報を検索する際には多くのことを頭の片隅に入れておくことが重要です。

独自の用語で検索する

インターネットであるフレーズを検索すると、2秒で100万件以上の結果が出てきて気が遠くなる経験をしたことはないですか?ご利用の検索エンジンによってはさらに多くの結果を得ることがあります。例えば、Google.comはAsk.comよりも多くの結果を提供する場合があります。もっと簡単に検索したいですよね。いつでもおすすめできるアイデアが、もう少し具体的に検索することです。お探しのどんなものでも独自の関連用語検索するだけです。

−(マイナス)演算子で検索範囲を絞る

みなさんは検索中に何種類のキーワードを入力しますか?完全に異なる結果が出てきましたか?用語には複数の意味を持つものもあるため、異なる結果が返ってきます。利用頻度は低いものの強力な演算子がBoolean NOTです。これは通常「含まない」を意味します。この演算子は、望んでいない結果を取り除く上で非常に役立ちます。例えば、毛虫を意味するCaterpillarを検索すると、検索エンジンは企業名のCaterpillarに関連する参照先も取得する可能性があります。その場合、Caterpillar -Inc -Catというように検索を再定義できます。

引用符で検索を定義する

引用符の利用も検索の再定義に役立つことがあります。具体的には、検索に引用符を使うと、検索エンジンは入力したとおりの単語を順番に取得します。検索エンジンが取得するページ数を絞るには最も優れた理想的な方法です。さて、この方法では検索の際に正確なフレーズを覚えておく必要があります。悪い思い出があるなら、この方法はベストではないかもしれませんね。

おわりに

インターネットは、いわば街の警官のようなそこにいて当たり前の存在です。日々の暮らしの中でこのなくてはならないツールの使い方を学んでいきましょう。同僚に送るギフトカード用の素敵なテンプレートを探すにしても、寄付をしたいにしても、インターネットは常に答えを見つけてくれます。インターネットを使えば時間をもう少し節約して限りない可能性を持つ別世界を発見できるでしょう。