オンラインで信頼できる情報を見つける方法(フェイクニュースと信頼できるソース)

21世紀の今、誰もが実際にウェブサイトを作成できます。学校、政府機関、個人、または図書館でさえ、今ではウェブサイトを作成できます。 2019年現在、18億を超えるウェブサイトがあり、その多くが反検閲および言論の自由の法律によって保護されています。そのため、所有者は、ソースまたは情報の有効性を確認することなく、何でも公開できます。その結果、オンライン・ライフは変化し、はっきりとわかるフェイクニュース、信頼できるソース、またはよく研究された情報でさえ、真偽を見分けるのが困難な仕事になりました。

ソースを確認するためのヒント

さて、あなたはどのくらい正確に自身のソースを得ましたか? Googleでの上位検索の結果は通常、より資金力を持つ商用のウェブサイトによって独占されることに注意する必要があります。さらに、ソーシャル・メディアで見つけた結果にも同じような問題がある可能性があります。以下に、オンラインで情報を確認するためのヒントと関連するさまざまなソースも示します。あなたがプロでも、趣味のウェブ・サーファーでも、学術研究者でも、このガイドはあなたに役立ちます。

知っているサイトから始める

New York TimesとSmitty’s Basement Newspaperを選択する機会が与えられたら、どっちを選択しますか?名前が有名でおそらく信頼できるNew York Timesを選ぶでしょう。インターネット検索でも同じことが言えます。開催されたばかりの選挙の結果や政治的討論を求めている場合は、お気に入りのニュースの放送のウェブサイトを他のソースよりも先に検討することをお勧めします。

日付を確認する

よく研究された情報には、非常に手の込んだ日付が付いています。日付のない記事またはブログは、あまり正確でない場合があります。したがって、ソースとして考える前に、記事またはWebページの日付が適切かどうかを確認することをお勧めします。さらにこれに関連して、10年以上前の記事は、特に健康などの問題に関して、正確なデータ・ソースではない場合があります。記事上に多くのリンク切れが見つかった場合は、その使用も再検討する必要があります。

トップ・レベル・ドメインをチェックする

あなたが見ているウェブサイトが信頼できるかどうかを判断する最も簡単な方法の1つは、ウェブサイトの目的を見ることです。これは、トップ・レベル・ドメインを確認することで学習できます。たとえば、.comで終わるウェブサイトは、主に商用ウェブサイトです。インターネット上で最も人気があり、誰でも使用できます。そのため、このようなドメインにはさらに注意する必要があります。 .eduで終わるウェブサイトは教育機関に属します。

最初のソースを信用しない

最後に、情報のソースに関係なく、他のソースに対してそれを再確認することは常に賢明な考えです。オンライン・ライブラリを駆使して、再チェックを実行できます。合法と思われる他の多くのソースで同じ情報が見つかった場合は、それは信頼できると判断できます。これは基本的に、情報が正確である可能性が高くなるからです。流行のニュースや教育関連の情報を探しているかどうかに関係なく、常にソースを引用するために時間をかけてください!