自分についてどれだけの情報をオンラインで見つけられるか?

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自分の名前やメールを探してみたことがありますか?あなたに関連する情報、あるいは矛盾する情報でさえも情報の大きなプールで見つけられるかもしれません。これを心配する必要がありますか?インターネットは常に個人データを探している悪意のある個人でいっぱいであり、その後、彼らはそれを自分の金銭的利益のために悪用するため、心配に値する理由は確かにあります。一部の輩はあなたの個人データであなたを脅迫することを選ぶかもしれません。

オンラインで見つけられる自分についての情報

場合によっては、名前、電話番号、さらには納税者番号をオンラインで見つけることもできます。生年月日、過去または現在の自宅の住所など、その他の機密情報もオンラインで入手できる場合があります。オンラインで見つけることができる別の一般的な情報には、民族、宗教、趣味、雇用の詳細、または支払っている住宅ローンの価値さえ含まれます。これは怖いですよね?オンラインであなたについて非常に多くの情報が公開されているため、あなたは非常に個人情報に対して脆弱なままです。

オンラインでどうやって情報を見つけるか

オンラインのプライベート・データの現在の最大のソースは、現在利用可能なソーシャル・メディア・サイトのホストです。考えてみてください。ソーシャル・メディア・サイト上のプロファイルのためにサイン・アップするたびに、かなりの量の個人データがオンラインに残るのです。特に、これらのサイトの多くは、あなたの個人情報を第三者のサイトと交換しています。実際、このビッグ・データ・ビジネスは、長年にわたって収集された収益の点で史上最高です。

プライバシー設定の変更

オンラインで自分に関する大量の情報を見つけた場合、これを処理するために実行できる多くの手順があります。まず、一部のソーシャル・メディア・ネットワークでは、プライバシー設定を変更して、あなたの名前またはプロフィールを検索エンジンで索引できないようにすることができます。たとえば、Facebookでは、検索エンジンを介してあなたのプロフィールを部外者に表示するかどうかを決定できます。 Facebookは、あなたの名前、電話番号、さらには他のWebサイトからの電子メールも検索できます。

削除を直接依頼する

一部のプライバシー・ポリシーは、ウェブサイト管理者にウェブサイトからあなたのプロフィールを削除するよう直接リクエストできることを指し示しています。ウェブサイトに登録する前に、各プライバシー・ポリシーを必ずお読みになり、データがどのように使用されるか、またあなたが不当な扱いを受けたと感じた場合に、どのようにデータを削除するかを理解してください。特にそれがプライバシー・ポリシーの条件の一部になってない場合、すべてのWebサイトがあなたのリクエストを尊重するわけではありません。一部のポリシーによっては、より長くその情報を保持する場合があります。

まとめ

あなたの個人情報は常に非公開でなければなりません。これは、あなたがインターネットでリリースするものに非常に熱心であるべきであることを意味します。また、データを処理するWebサイトが信頼でき、信用できることを常に確認してください。間違った者の手にある個人データは、毎年の会計年度時に数百万円の損失をもたらしています。これらのデジタル革命においては、あなたが作業しているすべてのWebサイトのプライバシー・ポリシーを理解することが、困難になってます。サーカスという見世物の中で、間違った側に巻き込まれないようにしてください!